スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



いい感じのパウダー

明日オープンのウィスラーマウンテンですが、現在の積雪量は95cmだそうです。いい感じのパウダーですね。

時間とお金があれば行きたーい。その気になれば行けるとっしーがうらやましい。



丸沼高原は明日オープン

明日、いよいよ丸沼高原スキー場がオープンしますね。きっと、たくさんのスキーヤー、スノーボーダーでに賑わうのでしょうね。でも、天気がちょっと心配ですが...。

→天気予報はこちら



西武と東急不が手を組む

NIKKEI NETによると

スキー場に若者呼び戻せ 西武と東急不が協力

スキー人気のテコ入れへ、スキー場運営で首位の西武グループと2位の東急不動産グループが手を組む。両グループのスキー場で使えるリフトの早割券を発行するほか、共通クーポン券を配布するなど共同で集客を進める。若者の趣味の多様化などによりスキー場の利用者は過去10年で4割ほど減っており、ライバル同士が活性化に協力して取り組む。

まず11月下旬に、通常料金より3〜4割程度安い1枚3000円の早割共通リフト券を計1万5000枚発行する。北海道のニセコや新潟県の苗場など両グループが運営する18のスキー場で使える。スキーのPRイベントでは両グループのスキー場を地域別に分かりやすく説明する。

だそうです。西武グループと東急不動産グループが手を組むなんて昔ではは考えられなかったですね。今後、ますますこのようなことが起こるのでしょうか?

肝心の早割共通リフト券は、11月27日〜29日に行われるウインターリゾート2010で購入できるみたいです。詳しくはウインターリゾート2010の告知サイトをご覧下さい。

http://www.sunshinecity.co.jp/winterresort/



あと、1ヶ月

気がつけば、ホワイトワールド尾瀬岩鞍のオープンまであと1ヶ月になりました。

尾瀬岩鞍のブログによると、16日から雪を作り始めるみたいですので、オープン当日は少なくてもミルキーウェイ上部と女子国体西山コースの2コースは滑れるのではないでしょうか?

まあ、オープンまでにたくさんの雪が降ってくれて全面オープンが一番の理想ですけれど、最近の動向を考えるとちょっと難しいかもしれませんね。

とにかく、残り1ヶ月で体を作って万全なコンディションでシーズンを迎えたいですね。あー、楽しみ。



利根沼田の18スキー場 集客へ広域連携

ちょっと前のニュースですが、上毛新聞ニュースによると

利根沼田の18スキー場 集客へ広域連携

スキー客の増加を図るため、利根沼田地域の18スキー場が「利根沼田地区スキー場広報宣伝協議会」を設立する。高速道路のサービスエリアでのイベントやキャンペーン、合同ホームページの開設などを予定。広域連携で同地域の冬の観光活性化を目指す。

レジャーの多様化などを背景に、県内スキー場への入り込み客は伸び悩んでいる。県観光国際協会によると、1992〜93年シーズンの532万人に対して、昨シーズンは234万人。ここ数年は横ばい状態が続いている。

こうした状況を打開するため、沼田市、みなかみ町、片品村、川場村のスキー場経営者が連携。合同でPRに取り組むことにした。同地域のスキー場が、広報宣伝を目的とした組織を設立するのは初めて。

17日に利根沼田県民局で設立総会を開催。会長や今シーズンの事業を決める。今後は関越道と中央道を結ぶ圏央道を利用する神奈川県民、北関東道の開通をにらんだ栃木、茨城県民向けのPRも検討する。

だそうです。

上限1000円の休日特別割引の影響で、あまり、お得感のない沼田エリアよりも、お得感があり、またスキー場へのアクセスがよい湯沢エリアにスキー客が流れてしまうのではないかと思うので、早めに何かしらの対策が必要かもしれませんね。

個人的にはエリア共通シーズン券なんかを発売してもらえると、うれしいですけど...。なかなか、難しいのかな?



ウィスラーは14日オープン

ウィスラーマウンテンは当初の予定より14日早い、11/14(土曜日)にオープンすることが決定したそうです。今現在で70-100cmの積雪があり、オープンまでにはあと65cmの積雪予報があるそうです。また、ブラッコムマウンテンも11/26(木曜日)のオープンを予定しています。

詳しくは、下記のページをご覧下さい。

http://www.whistlerblackcomb.com/media/news/season_2009-10/091110.htm



神立スキー場、新会社で営業へ

新潟日報社によると

神立スキー場、新会社で営業へ

事業不振でパインリッジが撤退

湯沢町のスキー場「パインリッジリゾート神立」を所有・運営するパインリッジグループが同スキー場から撤退することが9日、分かった。東京の事業家5人が新会社「神立高原スキー場」(山代一智社長)を設立して受け継ぎ、今季の営業を継続する。

同スキー場は1986年開業。パインリッジリゾート(東京)が2004年に取得し、関連会社のパインリッジリゾーツマネージメント(湯沢町)が運営してきた。

しかし事業不振やスキー離れが響き、負債が膨らんだ。融資していた金融機関が同スキー場の資産を差し押さえ、スキー事業を新会社に譲渡。リフトなどの施設は不動産会社のクレディキャピタル(東京)が取得する。

だそうです。

結局、パインリッジグループが撤退して、新会社を設立しての営業継続という事なのですね。なるほど。



岩原観光が民事再生法を申請

毎日jpによると

岩原観光:民事再生法を申請 湯沢のスキー場、今季営業の方向 /新潟

 湯沢町土樽で「岩原(いわっぱら)スキー場」を運営する「岩原観光」(小松晋一代表取締役、従業員14人)が10月30日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請したことが5日、明らかになった。9日に再生手続き開始が決定される見通し。民間信用調査機関の帝国データバンク長岡支店によると、負債総額は約15億5800万円に上る見込み。今シーズンのスキー場運営は継続する方向で調整しているという。

 岩原観光は57年に設立。首都圏から交通の便が良く、80年代後半から90年代前半にかけてのピーク時には、1シーズン当たり100万人以上の利用客を記録した。しかし、レジャーの多様化などで、近年は30万〜40万人に利用客が低迷していた。

だそうです。

神立高原スキー場といい、今回の岩原スキー場といい、アクセスのよさだけでは生き残れない時代なんですね。



かぐらも降ってます

かぐらスキー場も降っていますね。



雪!!

ホワイトワールド尾瀬岩鞍の山頂付近で雪が降りはじめましたね。ワクワクしてきた。



サイドナビゲーション

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

リンク

kojiのひとりごと

おすすめ

おすすめ

おすすめ

私をスキーに連れてって [DVD]
私をスキーに連れてって [DVD] (JUGEMレビュー »)

スキー映画といえば、銀色のシーズンよりも、やはりこっちでしょ。

おすすめ

おすすめ

雪猿セレクションはこちらから

広告

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

アーカイブズ

プロファイル

その他

サイト内検索